FC2ブログ

記事一覧

In the forest 完

「…泣いてる。」

チャンミンはユノの目尻から伝う涙を丁寧に拭う。

「ヒョン、悲しいの?」

いつものようにホットタオルで掌から指先までゆっくりとマッサージするように拭く。

手が済んだら足。

そして、最後に柔らかいタオルで顔を拭った。


「ヒョン、しばらく来れなくてごめん。仕事で海外に行ってたんだ。少し長めに休暇をもらったから明日から毎日来るよ。」


伸びた髪を撫でると、ユノの顔に笑みが浮かぶ。

「気持ちいい?あとで身体拭いてあげるよ。」


閉じられた瞼の下で眼球が動いている。


「何の夢を見てるんだろうな。」



もう傷はすっかり癒えているのに。

今にも目を開けて僕の名前を呼びそうなのに。

なんで目覚めないんだよ。

「ヒョン、僕んちのフリーザーの中はアイスで一杯なんだよ。早く食べに来てよ。」






夕陽で部屋がオレンジ色になってきた頃、いつのまにか眠っていたチャンミンは頬のむず痒さで目を開けた。



「…ヒョン。」

チャンミンの頬に触れていたのはユノの指先だった。

顔をグシャグシャにして涙を流すチャンミンを見てユノの唇が微かに動いた。


「…んみ…」

「…ぁい、ひょん。」


fin



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント